私が足の臭いを消すために取った方法

こんにちは、私は事務をやっているアラサーOLです。

 

私には1つ悩みがありました。それは『足が臭い』ということです。
足の臭いを消す方法を大公開!
いつの頃からか足がくさくなっていたんですよね。仕事から帰ってきて
靴を脱ぐとムッとした臭いが鼻をつくんです。

 

学生の頃はそんなことなかったんですが・・・。

 

自分の足のくささに気づいてからは人に気づかれないかがとても心配でした。

 

飲み会でお座敷タイプの居酒屋に行くときはあらかじめ足に消臭スプレーを
たっぷりかけたりしていました。

 

足をしっかり洗っても次の日には臭いが復活しているしどうすれば臭いが
取れるのか困り果ててました。

 

いつまでも気にするのは嫌なので、なんとか足の臭いを消せないかと
だいぶ調べていろいろ試しました。

 

その結果、なんとか足の臭いと縁を切ることができました!

 

このブログでは私がどうやって足の臭いを消すことができたのか紹介していきます。

 

私と同じように足のにおいで悩んでいる人はぜひ試してみてください。
たぶん効果があると思います。

臭いの原因

足の臭いを消す方法を大公開!

 

なぜ足がくさくなるのでしょうか?それは靴の中の雑菌が原因です。

 

靴の中で雑菌は足の汗や古い角質を分解して「イソ吉草酸」という
物質を作り出します。

 

このイソ吉草酸がくさ〜い臭いの元なんです。

靴の中は雑菌にとって最高の環境

靴の中は足の体温で適度に温度が保たれています。

 

さらに足は1日に両足で200ccもの汗をかきます。

 

200ccと言えばコップ一杯分なのでかなりの量です。この汗のおかげで
靴の中は常に湿度が高いです。革靴やブーツだと10分も履いていれば
湿度100%になります。

 

足から出る皮脂や古い角質は靴の中にたまります。これらは雑菌の
栄養源になります。

 

このように靴の中は温度、湿度、栄養の3つの条件が揃っていて
雑菌が繁殖しやすい状況が整っています。

 

この状態で何も対策を取らなければ雑菌は臭いニオイの元である
イソ吉草酸をドンドン作り出していきます。

 

今、足がくさい人は足や靴に雑菌がたくさんいるということです。

 

雑菌+温度+湿度+栄養=臭いの原因物質が大量生産→クサイ!

 

つまり足の臭いをなくすには雑菌の繁殖を抑える必要があります。

私の足の臭い対策

足の臭いを消す方法を大公開!

 

足が臭くなる理由がわかったところで次に私が行った対策を紹介していきます。

 

私は『靴』と『足』の2つに対してそれぞれ対策を行いました。

 

これらの対策のおかげで足が臭くなくなりました。

靴に対して行った対策

靴に対して行ったのは次の対策です。

 

  1. ブーツなど密閉性の高い靴を履くのをやめた
  2. 毎日、靴を履き替えた
  3. 履いた靴は3日ほど陰干しした
  4. 中敷きを敷いた

 

これらは雑菌を抑え湿気を取るためとった対策です。

 

1.ブーツなど密閉性の高い靴を履くのをやめた
密閉すると靴の中の湿度が上がって雑菌が増えやすくなります。

 

ブーツなど丈が長くて密閉されやすい靴を履くのをやめて、
緩めのローファーなどを履くようにしました。

 

2.毎日、靴を履き替えた
同じ靴を毎日履くと湿度と栄養が雑菌に供給され続けられるので
ドンドン雑菌が増えていきます。

 

靴の中の環境をリセットして雑菌を抑えるために毎日履く靴を
変えてローテーションしました。

 

私の場合は4足を順番に履いていました。

 

3.履いた靴は3日ほど陰干しした
履いた靴はベランダの日陰において陰干しました。
これは風通しの良い所において湿気を取るためです。

 

3日も陰干しすると湿気がキレイに取れて乾燥した状態に
なります。ニオイも取れます。

 

4.中敷きを敷いた
汗を吸収して靴の中の湿度を下げるために吸湿性の
良さそうな中敷きを靴屋で買って敷きました。

 

これらの対策のおかげでジメジメしていた靴の中の状況がだいぶ良くなりました。

足に対して行った対策

上で書いた靴の対策と同時に行った足の対策を紹介します。

 

  1. 念入りに足を洗った
  2. デオドラントクリームを塗った

 

1.念入りに足を洗った
足についた雑菌を次の日に履く靴に持ち越さないように
指の股まで念入りに洗いました。

 

また、古い角質は雑菌の栄養になります。
これらをなるべく靴の中に落とさないようにしっかり
洗いました。

 

2.デオドラントクリームを塗った
足の臭いを取るのにはミョウバン水や重曹が良いと聞いたので

  • ミョウバン水
  • 重曹足湯
  • デオドラントクリーム

の3種類を試してみました。

 

結論から言うとデオドラントクリームが1番効果がありました。

 

私の感覚だと
デオドラントクリーム>ミョウバン水>重曹足湯の順番で
効果がありました。

 

私が使ったのはクリアネオというデオドラントクリームです。

 

>>クリアネオの公式ページヘ行く<<

 

このクリームを公式ページの説明のとおり朝晩に塗りました。

 

殺菌と制汗の効果があるようで使ってみたらかなり臭いが
取れました。

 

ミョウバン水と重曹は費用が安くて良いのですが、効果も
イマイチでした。やはり専用の商品の方が優れていますね。

まとめ

足の臭いを消す方法を大公開!

 

私の対策をまとめます。

 

  • ブーツを履かない
  • 1日ごとに履く靴を変える
  • 履いた靴は陰干しする
  • 靴に中敷きを敷く
  • 足をしっかり洗う
  • デオドラントクリームを塗る

 

やってみた経験から言うと
履く靴を変える、しっかり洗う、デオドラントクリームの3つは必ず
やるべきだと感じました。

 

  • 履く靴を変える→湿気対策、雑菌を抑える
  • しっかり洗う→雑菌と臭いを取る、雑菌の栄養になる古い角質を落とす
  • デオドラントクリーム→雑菌と汗を抑える

 

この3つがあれば、雑菌が増える要素を全て取り除くことができますから。

 

しっかりと対策を行えば私のように足の臭いの悩みから開放されます。
ぜひ試してみてください!

 

足の臭い対策

足の臭いが発生している原因としては、主にはふたつの原因が考えられます。

 

まずは足そのものに原因がある場合です。これは足からかいた汗、また落としきれていない溜まった汚れなどが混ざり合って、それをエサとして雑菌が繁殖していることが考えられます。

 

それから足の履物、靴下や靴に原因がある場合です。靴下はともかく、靴は同一のものを履き続けることが多い履物です。またこまめに洗うと言うこともあまりしません。

 

そのため汗や汚れが染み込みやすく、やはりそれをエサとして雑菌が繁殖しやすいため、臭いが発生することが考えられます。

 

足の臭いは、どちらか片方だけが原因の場合もありますが、ほとんどはこのふたつが同時に発生していることが原因です。ですから足の臭い対策としては、足を清潔に保つことと同時、履物を清潔に保つことが求められます。まず足を清潔に保つことです。

 

この場合は日々、足を丁寧に洗うことが求められます。足全体をしっかりお湯に浸してから、殺菌効果をうたっている石鹸を良く泡立てて、その泡で指と指の間、爪の両脇などを丁寧に洗うことが効果的です。

 

しかし、いくら臭い対策とは言え洗い過ぎるのは禁物です。また肌の乾燥を防ぐために、ごしごしと擦るような洗い方も避けるべきです。洗い終わった後は、しっかりと水気を拭くことも忘れないで下さい。

 

爪が伸びていると雑菌が繁殖しやすくなるので、定期的に爪を切ることも、実は足の清潔を保つためには有効な対策のひとつです。また足からかく汗の量が気になると言う場合は、それを抑え雑菌の繁殖を防ぐ効果があるフットクリームを使用するのもおすすめです。

 

次に靴下や靴への対策です。まず靴下ですが、これは特に夏場など汗をよくかく時期には、通気性の良い素材のものを利用するのが良いです。

 

それにより、靴下や靴の中の蒸れを防ぐことが期待できます。蒸れを防ぐと言う点で言えば、日中なども可能であれば、一度は靴を脱いで風通しを良くすることも対策のひとつです。

 

そして靴下、靴、どちらも汚れた後にはしっかりと洗い、しっかりと乾かすことが求められます。生乾きの状態で使用するのは、雑菌が繁殖しやすいため要注意です。ただ、洗濯機に入れれば良いだけの靴下とは異なり、靴の場合はなかなか洗うのが難しいかもしれません。

 

この場合は、帰宅後に一工夫することで雑菌の繁殖や臭いの定着を抑えることができます。たとえば重層を通気性の良い袋状の入れ物に100グラム程度入れ、その入れ物の蓋をしっかりと閉めてからそれを靴の中に一晩入れておくことなどが、一工夫の一例としては挙げられます。